top of page

『FIVE SEASONS THE GARDEN OF PIET OUDOLF』


店主の大庭です。 初めての試み、デコ・ボタニカルでの映画上映会。 それは先週末、10/26土曜に無事終わりました。

今回の上映には2つの大きな想いが有りました。

もはや日本で衰退しているガーデン作りをもっと若い方にも身近に感じて もらって、人には必要な植物の豊かさを広めていきたい為の 使命感すら感じています。

一、この映画を通して多年草の幅を広げ、そこの風景に溶け込むような ローメンテナンスのガーデン作りを知って頂き、 その延長線上にデコ・ボタニカル自体の庭作り

コンセプトを知って頂きたい。

二、植物の1年を通して鑑賞する楽しみに気づいて頂き、山野草、雑草と括られるもっと身近に存在するはずの素敵な植物や物に目を向けられる 「気づき」を感じてもらいたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1月に横浜で鑑賞してからデコ・ボタニカルで上映したい ! と 決心し、配給している方に申し出てから5か月後、6月末、 私が北海道滞在中に上映許可の連絡が入りました。 そして、上映日をこの映画にちなんで「秋」と決め、10/26の設定を してから4か月、少しずつ準備を進めてきました。 私は大枠のスケジュール組み立てからプロジェクター機材の手配、 配給元とのやり取りなど運営全般。 朋さんは店内に光が入らないように店の窓全部を1枚1枚ベニヤをカット して覆う、プロジェクター設置や夜の会の為の焚火の準備、臨時駐車場の 看板作りなど。

当日のボランティアさんは6名が交代でお手伝いして貰い、皆さんにご提供した 軽食作りとドリンクの仕込み、長丁場に備えてスタッフ全員分の 昼と夜の賄いづくり。 駐車場係りや受付などを担ってくれました。

当日は晴れて本当に良かった、今年の長雨と日照不足で植物たちは 万全でのお迎えではなかったけれど、 それも「生きている」証。

みなさん、受付開始前から集まって下さり、 時間が押すことなく始まりました。

スタッフは時間を掛けてプレゼント苗の為に100個以上の株分けや、 ギリギリのタイミングで付いた種を採取しての袋詰め。

暖かい日差しも手伝ってくれ、センターガーデンでは皆さんにゆっくり

ガーデンを見学頂くことが出来ました。